明けましておめでとうございます。
2018/01/01(Mon)
みなさん、明けましておめでとうございます。
お天気も良く穏やかな朝です
今朝は、義母も呼んで3人でおせち(かんたんおせち)を食べてお祝いしました。
午後には長男も帰って来るので、久しぶりに家族がみんな顔を合わせます。


「おめでとうございます、こんなところからしつれいしましゅ」
ミニィは、冬にはよくかめちゃんの水槽のライトの上に載っています^^おなかが暖かいのでしょう!
(この新聞紙はナニ?とお思いでしょうか。。。夜に水槽のライトを消した後、かめちゃんが落ち着けるようにと新聞紙をかけるようになったために置いてあるんです。)
2017-12-27 07-49-05_0003_サイズ変更

ミニィが大きくなり重くなったので、百均の網がたわんでしまいちょっとはらはら。。。
「たいじゅうのはなしをするなんて しつれいな!」
2017-12-27 07-49-18_0004_サイズ変更


でもミニィはそんなに長居はしないので大丈夫なんですよ^^少しいたあとで下りていくので。。。^^
2017-12-27 07-51-36_0002_サイズ変更



「カトリエンセ アマリロ(cattlianthe amarillo)」(タグのまま)が咲きました。
うちにある蘭の中では大型のほうです。ミディタイプというのでしょうか。。。
2018-01-01 08-07-44_0001_サイズ変更

2018-01-01 08-07-55_0002_サイズ変更
この蘭は以前もお正月のころに咲いた記憶があります。いつも同じころに咲くってすごいなあと思う・・・。
蘭の黄色ってなんか好きです!春を感じるからかな^^
黄色いお花ってあまり育てる機会がないのですが。。。この蘭と、ビオラくらいかなあ^^

昨日の朝はめずらしく雪が舞いました。
大晦日の雪。。。めったにないことです。


今日は長男が一泊で帰って来ますので、奮発してカニしゃぶを作る予定~

お正月は食べ物の準備とか色々大変~たいしたものを作るわけではないけど、ふだんと違うしね。
食べた後は片付けもしなきゃだし、息子が来るからおふとんも干したり~
主婦の皆さん、がんばりましょうね

今年もよろしくお願い致します!
2018-01-01 10-13-36_0001_サイズ変更
ヒヤシンスの水栽培です。芽だし球根買いました^^
スポンサーサイト
この記事のURL | ファミリー | CM(18) | ▲ top
実家の庭の水仙。
2017/04/25(Tue)
実家の父が亡くなってまもなく丸二年になります。
身内だけで三回忌を行い、「古いほうの実家」にみんなで立ち寄りました。
(現在母は私の妹家族と同居しているので、私たちが生まれ育った「古いほうの実家」は空き家状態になっています・・・ときどき母が訪ねて手入れをしていますが)

写真は携帯で撮っています。
庭には水仙が満開でした。北関東なので東京よりすこし開花が遅いのです。。。^^
2017-04-23 11-57-38_0001_サイズ変更

2017-04-23 11-57-53_0002_サイズ変更

2017-04-23 11-58-36_0005_サイズ変更

2017-04-23 11-58-52_0006_サイズ変更

2017-04-23 12-08-06_0007_サイズ変更

父が生前庭仕事が好きだったことは、よくブログにも書きましたね^^
母によると、父は亡くなる数年前にこれだけたくさんの水仙の球根を植えたのだそうです。その水仙が、今誰も住んでいないこの庭で、季節が来るとこうして咲いているのです・・・。
母は今、月に何度かひとりで車を運転してここに来て、古い家に風を入れたり庭の手入れをしています。

考えてみると、父が球根を植えてから私はこの時期にここに来たことはなく。。。
なので、これほどまでにたくさんの水仙が咲くのを見たのは初めてでした。

暖かい春の光を受けて咲いている水仙たちを見て、少し感傷的になってしまいました・・・。
子どもの頃のことがいろいろと思い出され、父にも会いたくなりました。
もう東京に来て30年以上が過ぎましたが、ここに来るとやっぱり懐かしい。ここに生まれ育ってよかったなと思ったりしました。

この庭、この先どうなってしまうのでしょう・・・。(母も言ってました、自分もいつまでも来れないと)
日本には、そういう場所がたくさんあるのかもしれないですね。


この記事のURL | ファミリー | CM(6) | ▲ top
ちょっとお祝い事。
2017/03/07(Tue)
ここ数日ちょっと忙しくしておりました。
家族の話題と、お花の話題を記事を2つアップしました。

私たち夫婦はそろって3月が誕生月なのですが、夫がナントまもなく還暦!を迎えますので家族でお祝いの食事会をしました~^^
夫が還暦って。。。やっぱり信じられませんもうそんななの~という感じでしょうか。
昨年は結婚30周年だったので、よく考えれば当たり前のことなのですが・・・年月が過ぎるのは早いものですね。

ということは・・・私も確実に年を取っております(汗)
あ、でもちなみに私は還暦まではまだ間があるんですよ(四捨五入してもまだfifty

ところで食事会は、夫と私、義母、息子たち2人の合計5人です。
長男は埼玉に住んでいてとても忙しいのですが、ランチの時間ならと何とか出て来てもらいました。まあ、来る気になれば一時間もあれば来れるんですけどね^^
息子たちは二人とも日曜が必ずしもお休みではないので、前もってお休みをもらえるようお願いしてもらいました。

お店は、夫に自分で行きたいお店を決めてもらいました^^
レストランのあるところの敷地内の桜がきれい。。。桜の名前は忘れてしまいました^^たぶんオカメ桜だったかな。。。
2017-03-05 11-33-23_0002_サイズ変更


池には鯉も。。。
2017-03-05 11-36-18_0003_サイズ変更


夫の希望で「石焼き料理」のお店です。夫はお肉が好きなのです。
お食事の様子もちょっと載せますね^^
今日はお料理の写真の練習?だわ(笑)・・・おいしそうに撮れたらいいんですけど、難しいですね^^

これは前菜です。
2017-03-05 12-06-22_0012_サイズ変更


・・・この後お刺身も出たのですが、撮るのを忘れました
おしゃべりもするので、撮影ばかりに気を留められませんね^^


メインの焼き物です。
この石は富士山の溶岩の石だそうで、油は使わずに焼いてくれ一人前ずつお皿に取り分けてくれます。
2017-03-05 12-31-41_0014_サイズ変更
オレンジ色のは人参で亀のかたち、白いのは長芋で鶴のかたちになっているのだそうです。みんなで「へえ~」と感心したら、スタッフのかたが「長寿のお祝いなので・・・」と
たしかに元気でこの日を迎えられたことは嬉しいことですが、「長寿」というのは正直微妙なニュアンスですね(笑)
長寿と言うと80歳くらいのイメージがありますが。。。(笑)
車海老、鯛、帆立、和牛、野菜などを焼いてくれました。焼き加減がちょうどよく、とても美味しかったです^^

この後お赤飯が出ました(また撮影忘れー)

そしてフルーツです。
2017-03-05 13-48-14_0021_サイズ変更

息子たちはふたりともお酒が強いので、夫も嬉しかったと思います。
あ、義母もかなり飲めるのです。
私だけが飲めません。。。

そんなこんなで、久しぶりに家族皆がそろい楽しかったです。
食事の後、写真室で記念写真を撮りました。(サービスでついているのでした)


ここからはまた別の話題です。
次の日は、私の書写指導のお仕事関係の集まりがありました。
ここで、前年度の実績から指導者表彰があるのですが、今回私もその対象になったそうで・・・
入会者の人数とか生徒さんの成績とかいろいろな部門があるのですが、そのひとつで表彰をしていただけたのです。
2017-03-06 17-52-06_0001_サイズ変更
私が筆に親しんだ年月は子供の頃を含めると30年を超えますので、今までに何度か賞状をいただいたこともあります。
でも、・・・指導者になってからはもちろん初めてです!!^^
これもすべて生徒さんのおかげですね。感謝感謝です。
「アラフィフ」で始めたお仕事ですが、あと20年(30年?)は続けたい!?
これからも、自分のペースを大切に続けて行こうと思います。

夫とも、お互い体に気をつけようねと話しました。
そろそろあちこちに小さなガタが来てますが、上手に付き合っていくしかないですね^^

「ぱぱっちもままっちも、’しにあ’なんですね」
2017-02-25 08-07-05_0004_サイズ変更

「あたしなんて まだ4さいですよ」
2017-02-25 08-07-36_0006_サイズ変更
4歳と言っても、人間でいえば30歳を超えるミニィです。
成猫になってからは1年に4歳ずつ年をとるとのことですから、何年後かには必ず抜かれてしまいますね。。。
ミニィにもずっと健康でいて欲しいなと思います。


この記事のURL | ファミリー | CM(14) | ▲ top
黄金と紅と。
2015/11/13(Fri)
先日、父のお墓参りに行って来ました。

私の実家は北関東の県にあるのですが、お墓はその県内のさらに北のほうにあります。

その近くに、ちょうど色づいた銀杏の木を見つけて車を止めました。
DSC00240_サイズ変更


小さなお社がありましたが、だれもいません・・・
DSC00226_サイズ変更


金色のじゅうたんが美しかった~
DSC00227_サイズ変更


まだ散ったばかりなのかな・・・葉っぱが汚れてなくて、きれいでした。
DSC00235_サイズ変更

DSC00227_サイズ変更


横を見ると・・・
田舎なものですから、こんな感じで山の近くに家々があるんですよ^^
空気もきれいで、秋は特に紅葉が美しいのです。
久しぶりに来るとこころが落ち着きます。
DSC00228_サイズ変更


このあたりは、実は私が生まれ育って高校生まで住んでいた場所なのです。
両親は妹家族と住むため別の場所に移りましたが、元の家はこのあたりなのです。
その家は、この近くにまだ残したまんまになっています・・・。

父が元気なころは、両親は空気の入れ替えがてら、ときどき元の家に泊まりに来ていました。
今は、母が一人で来てるみたいです。。。父のお墓参りなどしたり。



お墓参りのあと、紅葉を見ようと少し足を延ばして、近くの渓谷に行きました。
DSC00191_サイズ変更

DSC00192_サイズ変更

DSC00194_サイズ変更

DSC00198_サイズ変更

DSC00204_サイズ変更

DSC00211_サイズ変更

DSC00213_サイズ変更

DSC00218_サイズ変更

DSC00219_サイズ変更

DSC00220_サイズ変更

DSC00221_サイズ変更

いいお天気でしたので気持ち良かったです。

せっかくカメラを替えたのだからなるべく工夫して撮ってみようかな・・と意識すると、ついつい夢中になってしまいますね
ただ、あまり撮るのに夢中だと、自分の目でゆっくり見られないんですよね。

子供の運動会なども同じですよね?
撮るのに夢中で、お子さんの頑張ってる様子をあまり見られなかったとかよく聞きますが(笑)

デジカメで気楽に撮ってたときのほうが、のんびり楽しめたりしてね(笑)
この記事のURL | ファミリー | CM(12) | ▲ top
新盆。
2015/08/15(Sat)
父が亡くなってもうすぐ3か月、新盆を迎えました。
提灯を送り、実家でみんなで父を偲びました。


父の姿が見えない庭で。。

どうなったかな~と思っていたお花たちは・・・。
母や妹家族がお水をあげてくれていたので生き生きしていました^^
何しろ今までしていなかったことですから大変ですよね~とりあえずお水だけはと。

画像があまりきれいではありませんが見てください。
向かって右側のほうにはエビネ、その左側はヘレボたちです。手前にすずらんも・・・。
DSC_0084_サイズ変更


つるしている長生蘭(とセッコク)たち。
DSC_0085_サイズ変更


ばらも。。。
DSC_0089_サイズ変更
「ばらは、葉っぱが白っぽくなっちゃうのよね」と妹。たぶんうどんこかな。。。
ばらが好きな人でも、管理はちょっと手がかかりますものね?
でも、元気につぼみも出ていてよかったね^^

何しろ、妹家族は誰も園芸に興味がないので、どれがエビネ?でどれがヘレボ?かもわからない状態なんです
「これはナニ?あれはナニ?」って聞かれ教えてあげたりしたのですが、まあ興味がなければそんなもんですよね~。
お水はあげても、その加減がわからないので大変らしいどんどんあげていいものもあれば、多少乾き具合も見てからがいいとか、そういう加減はなかなか・・・


そういうわけで、かなり負担もあるようでした。
なので、私が少しもらって帰ることになりました・・・
「ばらとか長生蘭とか、鉢植えのを好きなだけ持って行って」と言われ
「私も前と違って置く場所がないから、長生蘭とかセッコクなら少し・・」と言いましたら、
母が「少しと言わず、6つ7つこれに入れて持って帰れば?~」と箱を持ってきました

何しろ、長生蘭とセッコクだけで20~30株以上はあるんですよ。
・・・結局8株持って帰ることになりました
DSC_0086_サイズ変更
特に名前の付いたものではありませんが、斑入りとか葉っぱの大小さまざま、さっと選んでもらってきました。
妹が「もっと持って行ってもいいのに」と。
そう言われてもね・・・う~ん


うちのベランダのお花がまた増えちゃったので、主人は少しあきれた様子でしたが、、、



ところで最近、父の写真集を繰り返し見ています。
小さな写真集の中身・・・皆さんも少し見てくださいますか?
本の中身を載せるのはどうかな?とも思いますが、ここで皆さんが見てくださるときっと父も喜んでくれると思うので、ちらっと載せてみることにしました^^
きっと父も「いいよ」と言ってくれると思います。
IMG_5577_サイズ変更

IMG_5579_サイズ変更

IMG_5578_サイズ変更

IMG_5580_サイズ変更

IMG_5581_サイズ変更
人の中にもまれているより、自然の中で静かにすごす時間が好きだった父。父はいつも裏磐梯に行き、その周辺ばかりを撮っていました。
被写体は山や湖の景色ばかりです。それを季節ごとに。。。
花や虫などの生き物も大好きな父でしたが、それを中心にというのは意外に少ないのです。




私も自然が大好きですが、それは息子たちにも受け継がれて。。。

この記事のURL | ファミリー | CM(10) | ▲ top
| メイン | 次ページ