Admin New entry Up load All archives

Petit Bijou ~ミニィとの日々~

お花が好き、猫も好き。

わたらせ渓谷鉄道。 

夫と出かけて来ました^^

わたらせ渓谷鉄道に乗る、日帰りのバスツアーです。
IMG_6035_サイズ変更

行き先は、高津戸峡→富弘美術館→わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車乗車  です。


最初に高津戸峡へ。

この日は、ツアーという事もありコンデジにしました。
IMG_6040_サイズ変更

IMG_6042_サイズ変更

IMG_6043_サイズ変更

IMG_6044_サイズ変更

IMG_6057_サイズ変更

IMG_6048_サイズ変更

IMG_6050_サイズ変更

IMG_6051_サイズ変更

橋には、地元の小学生の皆さんの絵が飾られています。
どの絵も色彩が美しくて素敵でした~。全部写真に撮りたいくらいでしたよ!
IMG_6054_サイズ変更
IMG_6055_サイズ変更
IMG_6056_サイズ変更


この後お弁当が配られました。
鳥めし弁当です。
IMG_6058_サイズ変更
IMG_6059_サイズ変更
お肉はあっさりして美味しかったです。量的にはお上品な。。。


次は富弘美術館です。ここは、ごぞんじのかたも多いと思いますが星野富弘さんの詩画の美術館です。
星野さんは、子供のころから器械体操の得意なスポーツ少年で、大学を出て体育の教員になられました。
が、その後まもなく勤務先の学校で、宙返りをしたはずみに頭からマットに落下してしまい手足が動かなくなってしまったそうです。
入院中から、口に筆をくわえて絵を描き始め、やがて国内だけでなく世界各地で展覧会を行うようになり本もたくさん出版されています。
お母様と、そして入院中に知り合って結婚された奥様の健診的なサポートがあってこそなんですね・・・。
IMG_6060_サイズ変更
建物を正面から見ると、スタイリッシュでシンプルな一階建てという感じですが、中に入ると・・・
なんと各展示室はすべて円形のお部屋になっているのです。つまり壁がカーブしています。
そこにたくさんの絵が飾られていました。
壁にカーブがあると絵が飾りづらくないのかな・・・って思ってしまいましたが、そのカーブがゆるやかなのと、絵が小さめなので違和感なく飾れているのだそうですね。
ライトも絵を引き立てるように工夫されており、すばらしい建物でした。

中は撮影禁止なので。。。
グッズの販売コーナーには、本や絵葉書などが・・・。
本もこんなにたくさん出版されていたのですね~驚きました。

美術館の裏手の景色です・・・
広々としてこころが洗われるようです。
IMG_6061_サイズ変更


つぎはいよいよ、わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車です。
今回は足尾駅から乗車しました。
IMG_6063_サイズ変更

IMG_6065_サイズ変更

今回はツアーで貸切なので指定席に座りますが、トロッコですので窓ガラスがなくこの時期風が吹き込んで寒いわけです。
窓のついた車両もついており、希望者はそちらへの移動も自由だそうで、行ったり来たりしていました。


写真はあまり撮れませんでしたが、雰囲気だけでも。。。
IMG_6069_サイズ変更

IMG_6071_サイズ変更

IMG_6072_サイズ変更


途中10分くらいのトンネルがあるのですが、この間天井にイルミネーションがつきました。
IMG_6067_サイズ変更
とても綺麗でしたが、やはり寒い・・・
景色を眺める時はゆっくり走ってくれるのですが、トンネルの中はスピードをあげるので、ますますビュービュー風が入って来ました。
早くトンネルの外に出たかったです・・・
抜け出た瞬間、みんなほっと声をあげていましたね(笑)

IMG_6073_サイズ変更
乗車時間は一時間40分でした。終点は大間々駅です。
午後の早い時間帯なのですが、太陽の角度の関係か夕方の様な雰囲気。
今年は寒暖の差があまりなかったので、紅葉は赤の色が弱いとのことでしたよ。
夫と、新緑のころもいいかもしれないね~と話していました。

おトイレに行ったあと、あとは帰路につきました。
運転手さん、添乗員さん、ありがとうございました^^


自分へのおみやげで、星野さんの詩画集を一つ買いました。
たくさんあって選ぶのが大変でしたが。。。
IMG_6074_サイズ変更
一冊だけ見覚えがあったのがありましたが、それとは別のものにしました。

夫からは「すぐに影響されるんだから・・」などと言われましたが、実際に本物の絵を拝見して胸が打たれる思いがしました。
書道の作品でも何でもそうだと思いますが、作品の実物は、その人の息遣いが感じられるんですよね~。
今回、描いているのが草花なので興味を惹かれたということもありますが、詩がまたとてもいいのです・・・。苦労して何かをつかんた人というのは強さがありますね。
自分が疲れたときや悩んだ時など、励ましてくれそうな気がして・・・。




スポンサーサイト

category: 山歩き&野歩き

CM: 8 TB: --   

芽が出たよ。 

記録に載せておきましょう。
まだ元のPCから・・・

「コウム・アルバ」
IMG_6031_サイズ変更
・・・???んん?ほんとかな。
だけど間違いないはず・・・家で採れた種からなんですけどね。


「グラエカム・ルビー」
IMG_6032_サイズ変更
これはブロ友さんからのいただきものです。
葉っぱが長細い?面白そう。


「ミラビレ・タイルバーン・アン」
IMG_6033_サイズ変更
・・・あれ・ピントが合ってない(笑)
でも、品種は合っていそう(笑)
アンの種まきポットはもうひとつあり(この前載せましたが)、そちらは、アンのはずがグラエカムみたいのが出て来たのでした・・・。
こちらのは合っていそうですね~^^


「芽が出た~」とかで大喜びしていられるって、幸せかもね・・・
しかも、それを共有できる仲間がいるというのは。。。

今の私は、子育てが一段落したので、代わりにというわけでもないけどお花や猫を育てています。
それに、お習字を教える子供たちもいるしね^^
「育てる」っていうのは楽しいものですよね~「かわいいな」っていう気持ちが持てて。



IMG_5946_サイズ変更
「めがでたのがたのしいんだって・・・にんげんのきもちはわからにゃい






category: 花育て

CM: 8 TB: --   

PC買いました(仕方なく・・)、本も買いました(喜び勇んで)^^ 

私が今まで使ってきたPCは、5年前に購入したノートPCなのですが
ここ最近、バッテリーに充電ができなくなってしまいました。
2年前くらいに一度おかしくなり、そのときは新しいバッテリーに交換したら大丈夫になったのですが、今回はコンセントをつないでも全く充電されないのです。
たまたま夫もまったく同じPCを使っているので、充電してもらったバッテリーを交換しながら何とか使って来ました。
でも、毎日のことで面倒ですし5年使ったからまあいいか・・・と、ついに買い換えることにしました。
秋葉のヨドバOに見に行き、なるべくリーズナブルなものということで今までと同じメーカーのにしました
もう慣れてるので使いやすいですし~。

・・・それが先日届きました。
新しいものが来ると、必ずミニィのチェックが入ります
DSC00289_サイズ変更


リカバリメディアを作成中・・・

・・・こんどはWindows10になります。緊張するなあ・・・
DSC00290_サイズ変更


「おっとたいへん!ミニィちゃん、だめよ~」
DSC00288_サイズ変更

だけど、この前カメラを買ったばかりのタイミングで、なんで壊れるかな~
出費がね~
誰を恨むわけにもいかないし、仕事にも使うので仕方がないけれど。。。
しばらくの間は両方のPCを使いながら進みます。
ふ~しばらく大変だあ。


ところで話題は変わりますが、あるブロ友さんがご自分のブログで素敵な本を紹介してくださいました。
「もっとシクラメン」という本。
・・・でね、今日、さっそく私も購入しましたの!
DSC00291_サイズ変更
ゆうべブログの記事で拝見して、さっそく今日近所の書店に行ってみましたが、そのお店には入荷なし。。。
その後、仕事先の近くの書店に寄ってみたら・・・一冊だけありました~^^
パラパラと見たところ、原シクのこともかなりいろいろ載ってます!!ワ~イ
・・・で、さっそく購入しましたよ。
今まで、原シクの育て方について詳しく書いた本はなかったので画期的だと思います。原シクファンのかたにはお勧めですね~^^

ブロ友さん、紹介してくださって感謝で~す。

(23日追記)
今日は時間があったので、原シクを見てあげました^^
昨日本を読んで、自分が思い違いをしていたことがいろいろあったことに気づき・・・
プルプラセンスは、今の時期ほかの原シクよりも遮光多めにしてたほうがいいんですね・・・私はわりと日に当てちゃっていたのです。どおりで、葉っぱがまぶしいのか?丸くなってました。。。

で、本を見ながら多少置き場所を変えました。

プルプラセンスは暗めの場所(一番下)に。
IMG_6030_サイズ変更

IMG_6029_サイズ変更

光強めでOKのアフリカナムやグラエカムなどは、いちばん上に。
IMG_6028_サイズ変更

それぞれの家の環境の中で、工夫してあげるといいですよね^^

うちのグラエカムでフローラルトランクが出たものがあったのですが、それは植えた深さとも関係があるようですね・・・。
今まであまり意識してなかったのですが、種類によって植える深さももう少し気をつけてあげよう。

何でも新しいことを知るのは楽しいですし、ためになりますね^^
せっかく育ててるのだから、もっといろいろ知って可愛がってあけたいです。



category: つぶやき

CM: 19 TB: --   

今日はちょっと暖かい^^ 

今日は、午後から晴れて来ました^^

我が家の、サイズの大きなヘデリ達です。
6号鉢くらいのが3つあります。
DSC00254_サイズ変更


いちばん右のは、池袋のヘレボ展でつるOめさんから購入したもので、
あとの2つはHCで購入した子たちです。
DSC00257_サイズ変更

DSC00258_サイズ変更

エネルギーありますよ^^
DSC00255_サイズ変更


ブロ友さんから苗でいただいたヘデリのちびちゃんたちです。
DSC00250_サイズ変更

DSC00252_サイズ変更
日にちがたってなじんだのか、しっかりしてきました^^

なんのかんの言っても、ヘデリとコウムはやっぱり好きです!丈夫だしね~^^
私が原シクにはまったのも、ヘデリやコウムを育て始めたのがきっかけでした。


今日のミニィです。
DSC00241_サイズ変更

DSC00243_サイズ変更

DSC00244_サイズ変更

DSC00245_サイズ変更

DSC00248_サイズ変更
だ~っと撮りました。
ミニィを撮るのはとても楽しいです^^・・・動物は、いろんな表情とか動きがあるからね



話題はお花に戻って、室内の蘭の棚です。
なるべく太陽の光に当ててあげたいのですが、棚を置く場所が限られてるので・・・。
上の2段には蘭、一番下にはブロ友さんからいただいたセントポーリアを置いています。
DSC00260_サイズ変更
ちょうど暖房の風があたるので、乾燥防止にラップをふわっとかけてみました。
通気のために両側はあけています。
セントポーリアの本を見ていたとき、「ラップをかけておくと葉っぱがのびのびしてよく育ちます」と書いてあったので、セントポーリアだけでなく蘭もどうかと思いやってみました。


セントポーリアは、株の調子が格段によくなりました~。
DSC00261_サイズ変更
葉っぱがみずみずしくなり、ほんとにのびのびして見えます。


蘭もつぼみが。。。きゃっ^^
DSC00265_サイズ変更

ラップをかけるのは、我が家には合ってるみたいなのでしばらく続けてみよう^^

今日は割と暖かかったので、ついのびのびになっていたヘレボの鉢増しをしました。
9月くらいにやりたかったのに遅くなっちゃった・・・まあ、根をいじらないからいいかなと12月くらいまで気温が高めらしいと聞いたので・・・

ヘレボはもう2つしかないのですが、それぞれ10号と9号くらい?で、大変でした。大きいと植え替えも大仕事~。
実家の庭に植えさせてもらった子たちは、地植えパワーでそれこそ元気です^^
この2つは、ナンとかこのままうちで育ててあげたいです。

category: 花育て

CM: 8 TB: --   

黄金と紅と。 

先日、父のお墓参りに行って来ました。

私の実家は北関東の県にあるのですが、お墓はその県内のさらに北のほうにあります。

その近くに、ちょうど色づいた銀杏の木を見つけて車を止めました。
DSC00240_サイズ変更


小さなお社がありましたが、だれもいません・・・
DSC00226_サイズ変更


金色のじゅうたんが美しかった~
DSC00227_サイズ変更


まだ散ったばかりなのかな・・・葉っぱが汚れてなくて、きれいでした。
DSC00235_サイズ変更

DSC00227_サイズ変更


横を見ると・・・
田舎なものですから、こんな感じで山の近くに家々があるんですよ^^
空気もきれいで、秋は特に紅葉が美しいのです。
久しぶりに来るとこころが落ち着きます。
DSC00228_サイズ変更


このあたりは、実は私が生まれ育って高校生まで住んでいた場所なのです。
両親は妹家族と住むため別の場所に移りましたが、元の家はこのあたりなのです。
その家は、この近くにまだ残したまんまになっています・・・。

父が元気なころは、両親は空気の入れ替えがてら、ときどき元の家に泊まりに来ていました。
今は、母が一人で来てるみたいです。。。父のお墓参りなどしたり。



お墓参りのあと、紅葉を見ようと少し足を延ばして、近くの渓谷に行きました。
DSC00191_サイズ変更

DSC00192_サイズ変更

DSC00194_サイズ変更

DSC00198_サイズ変更

DSC00204_サイズ変更

DSC00211_サイズ変更

DSC00213_サイズ変更

DSC00218_サイズ変更

DSC00219_サイズ変更

DSC00220_サイズ変更

DSC00221_サイズ変更

いいお天気でしたので気持ち良かったです。

せっかくカメラを替えたのだからなるべく工夫して撮ってみようかな・・と意識すると、ついつい夢中になってしまいますね
ただ、あまり撮るのに夢中だと、自分の目でゆっくり見られないんですよね。

子供の運動会なども同じですよね?
撮るのに夢中で、お子さんの頑張ってる様子をあまり見られなかったとかよく聞きますが(笑)

デジカメで気楽に撮ってたときのほうが、のんびり楽しめたりしてね(笑)

category: ファミリー

CM: 12 TB: --   

一雨ごとに。 

今日から2、3日雨模様のようです。
11月に入り、朝晩寒くなって来ましたね。。。今年もあと一か月余り~早いですね。

お仕事関連で、試験のようなものがありそちらに集中してました
・・・と言っても、あまり勉強もできずで・・・あ~あ
いい結果じゃなかったら、またチャレンジすればいいや

ところで、先日の「カトレア・セルヌア」が咲き進み、3輪になりました。
DSC00174_サイズ変更

DSC00172_サイズ変更
このオレンジ色が大好き!!



つぎは、「レストレピア・brachipus」です。
DSC00171_サイズ変更

DSC00168_サイズ変更

DSC00164_サイズ変更


レストレピアは、お花の咲き方が種類によって違うようですね・・・先日載せた「レストレピア・ムスシフェラ」と比べてみましょう。
DSC00126_サイズ変更

DSC00125_サイズ変更
こちらは、葉っぱの根元にくっついて咲いていました。
上の「brachipus」は細い茎の先に咲くので微妙に違うのです。



ところで、雨なのでミニィもベランダで遊べません。
DSC00183_サイズ変更

DSC00180_サイズ変更

DSC00181_サイズ変更

だら~ん・・・ああつまらない~
DSC00176_サイズ変更



今日は、別の猫ちゃんも載せますね^^
こちらは、私と仲良しの近所の外猫の「くろちゃん」です。♀猫で、たぶんもう7,8さいくらいにはなっているかな。
何となく近所の人たちが面倒を見てあげています。
P1040763_サイズ変更
低い声で鳴くんですよ~^^おとなしい良い子です。

今から数年前、まだミニィがいなかったある冬のこと・・・。
「くろちゃん」はすでに大人猫になっていました。
寒くてかわいそうなので、私はこの子を室内で飼ってあげたいと本気で思っていました。

でも、長い間外で暮らしていた子なので・・・ちょっと無理がありました。
私に、猫の可愛さや楽しさを教えてくれた「くろちゃん」・・・。

その後、悩んだあげくミニィを迎えることになりました。

ミニィが来た今でも、可愛くてたまらない「くろちゃん」です。

category: 花育て

CM: 4 TB: --   

思いがけなく。 

・・・いただきものしちゃいました。


昨日ヘデリの苗をいただきました。
夜に到着、すぐに植えつけました~。

そして、今朝の8時頃撮った写真。(植え替えて半日後)
「これなあに」
DSC00136_サイズ変更

「たべられないものですにゃ」
DSC00142_サイズ変更


「またおはながふえたのね」
DSC00140_サイズ変更


たくさんいただいたので、寄せ植え状態で育てることにしました。
もっと細かく分けようと思ったけど、根が絡み合っていて傷めちゃいそうなので2つの鉢に分けました。
DSC00131_サイズ変更

「はっぱばかりなのに、どうしてそんなにうれしいの?」
DSC00129_サイズ変更

DSC00151_サイズ変更


さらに半日がたち、今日の夕方に撮った写真です。
DSC00153_サイズ変更


「ままったら、またみてる」
DSC00158_サイズ変更


DSC00156_サイズ変更


いろいろな葉っぱがあって可愛い。。。見ていて飽きません。
DSC00145_サイズ変更

DSC00130_サイズ変更
植え替えて時間がたったので、お水を吸って落ち着いてくれたかな・・・^^




苗のプレゼント企画があるのに気づき、厚かましくも応募させていただいたんです!
たまたまいいタイミングでラッキーでした。
ありがとうございました。

ほかのブロ友さんからの種からも、芽が出て来つつあり・・・・毎日覗いて見ています^^

それらと並べて、大切に育てて行きたいと思います

(今日はコメント欄閉じています。)
閉じようと思ったのにうっかりして開けっ放しでした
「あれっ、オーリーちゃんコメント入れてくれてる?」・・・で気づきました(汗)
おっちょこちょいでしたね^^

(追記)
ちょっと忙しくなるので、やはり閉じさせていただくことにします。
オーリーちゃんごめんなさい、再コメもありがとうございました。

category: 花育て

CM: -- TB: --